プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2011年05月31日

リゾートマンションのホームインスペクション】〜その3

〜目次へ戻る(リゾートマンションのホームインスペクション)

ホームインスペクターおおうち〜です。

今回は、海近のリゾートマンションにつきものww塩害です。


image-20110531083815.png


塩害とは、そもそもなんなのか?

金属の塩害とは、??
ご存知の通り 錆【さび】ですね。

コンクリートの塩害とは、??
コンクリートに侵入した塩分が鉄筋を錆させて錆により鉄筋が膨張し、コンクリートがひび割れます。そのまま放置しておくと、塩分は勿論、水、酸素、二酸化炭などが入り込み、鉄筋の劣化、最後にはコンクリートの剥落してしまう危険な事象となります。怖いですね。いわゆる爆裂という事象です。築年数が多いほどこの事象は多く見られます。大規模修繕で劣化度合をどれくらい修繕しているかが、重要ポイントですね。

植栽の塩害とは、??
よくポイント知らないと、植木は潮風にすぐやられてしまいますね、都市型のマンションと同様どれだけ愛情をかけて、生き物を管理しているかポイントですね、答えになっていないかもw


内覧前に仲介販売の方に塩害対策は何を施しているか聞いておきましょう。現地で調査診断する際にスムーズにできるからで…す。目視では、錆を確認し、進行具合を診断するだけなので事前の塩害仕様を知っておきたいのです。築年数が多いマンションは分からないことも多いのが事実です。

塩害地域でのホームインスペクションは、特にコンクリート躯体に注意し調査した方がよいです。通常のホームインスペクションでは、お部屋の中つまり専有部とバルコニーつまり専用使用部分が調査診断範囲となっています。
出来れば、コンクリート躯体の劣化度合ー塩害もホームインスペクターさんにアドバイスしてもらいましょう。

〜目次へ戻る(リゾートマンションのホームインスペクション)

ランキング参加中です。

下のボタン押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村





posted by おおうちともゆき at 08:41| Comment(0) | リゾートマンションホームインスペクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。