プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2011年06月09日

リゾートマンションのホームインスペクション】その4

〜目次へ戻る(リゾートマンションのホームインスペクション)


リゾートマンションのホームインスペクションシリーズ第4回目は、(オプションとなりますが、)ハザードマップなどで知られいる、自然災害に対しての危険度調査です。



image-20110609234400.png


ハザードマップって最近は皆さん知っていると思いますが、リゾートマンションをこれからお探しの方は、是非参考にして下さい…

まず、ハザードマップとは、どんな種類があるの?

洪水
内水
高潮
洪水
土砂災害

と国土交通省のポータルサイト上では、5種類の分類となっていました。。

国土交通省ポータルサイト⇩

http://disapotal.gsi.go.jp/

最近では、地震による地盤の揺れやすさを数字化している行政が多くあります。。


まず、土地建物に関しての自然災害とは、なんなのか?

自然災害(しぜんさいがい、natural disaster)とは、危機的な自然現象(natural hazard, 例えば気象、火山噴火、地震、地滑り)によって、人命や人間の社会的活動に被害が生じる現象をいう。

日本の法令上では「自然災害」は「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定義されている(被災者生活再建支援法2条1号)。

〜ウィキペディアより引用。

ということでまずは、法律の定義から考えていくのがよいと思います。

軟弱地盤の液状化についても、今般大変興味のある深刻な問題となっています。


リゾートマンションの場合、比較的自然環境が厳しい場所が多く、より一層自然環境への配慮と対策が必要です。
そのためには、しっかりと風土や地歴までアドバイスできれば最高ですが。

ホームインスペクターさんが、机上での調査をしておけば現地調査がスムーズに進み、問題点の有効なアドバイスが可能ですね。
例を

次回はこの続き〜
実際に、例を挙げて調べてみましょう!


〜目次へ戻る(リゾートマンションのホームインスペクション)


ランキング参加中です。

下のボタン押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村



posted by おおうちともゆき at 23:45| Comment(0) | リゾートマンションホームインスペクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。