プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2014年11月02日

土地と建物のコストバランス

こんにちは


09FF1682-4A94-414D-9692-213B35BBB6F5.jpg

資材、人件費、工事費の高騰、消費税アップなどの影響で、2014年上期のマンション供給が20%減少していますね。


新築の需要は、今後間違いなく減少していきます。木造戸建住宅のスクラップ&ビルドの見直しが国を挙げて行われています。

省エネ、耐震、維持管理、良質な長持ちする長期優良住宅の普及です。

ところが建て替え時期にきている多くのマンションは、なかなか進みません。区分所有の80%に下げられた建て替え決議といえどもなかなか進めるのは相当な利益が見込めるマンション以外は難しいですね。

地震のないヨーロッパなどは建物の価値は、100年200年と長く維持管理をすればするほど、価値が上がります。

日本では、長く維持管理しても、価値はなんとゼロに等しくなります。まずはこの価値を評価し中古建物の売買を活性化するために、行政が仕組みをつくらないと…!


建物と土地のコストバランスのお話ですが、市況価格はほとんど変わらず…、工事費が上がっても土地が下がることはありません。特に、躯体がコンクリート系の建物はバランスが崩れています。


RCから木造に変更する大規模建築が多くなってきています。




いつまで続くか?工事費の高騰。
                            職人不足。
                   これでは、設計することもままなりません。・°°・(>_<)・°°・。





銀座の事務所近辺では、大規模商業施設が。ホテルが。建設ラッシュです。


CB2EDF0A-267A-4811-9C2C-2EC8827B03D2.jpg
最近オープンした、キラリとギンザ





1年後には、どうなっているのか?
まだまだ予測できませんが、時代に即した建築を構想する毎日です






こんな暮らしはいかが?







最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。



にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
posted by おおうちともゆき at 16:20| Comment(0) | 土地利用土地活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。