プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2015年03月09日

東日本大震災〜4年 

こんばんは!

ホームインスペクションは、地味な業務であり、とても大切な業務でもあります。

pdロゴ.jpg

そんなわたくし、今 RUN311というイベントに参加中で

「「10日間で、42.195kmをウォーキングする」」という

目標を実行している途中です。

東日本大震災の慰霊と復興を祈りながら、夜な夜な歩いております。

今日もいまから、数キロウォーキングします。





最後まで観ていただき本当にありがとうございました。

下のボタン押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


posted by おおうちともゆき at 21:42| Comment(0) | インスペクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

長期優良住宅化リフォーム推進

こんにちは
「長期優良住宅化リフォーム推進事業」という

助成金制度が、ようやく報道発表されましたね。


これは、従前からの 長期優良住宅 の簡易版ともいいますか、すこしハードルを下げた助成金制度と思います。


今後増え続ける中古住宅の延命化をどのようにして勧めていくのか、いまの方式では、少々ややこしく助成金手続きが大変な労力を使うなら
その労力を建物の延命化に注いだ方が良いのでは?!とも思ってしまいます(≧∇≦)



今回の条件の中で、特出するのは


インスペクションの実施



ですね。


昨年、国交相が、インスペクションガイドラインを発表し、話題となりましたが、今回リフォーム完成後には、


維持保全計画



を作ることが新たに明記されました。



これは、非常に重要な役割をもっています。



私たちが一級建築士として、インスペクションを行うことで、一番理解して欲しいことを、きちんと説明、理解していただき納得をして住んでいただく。

新築のお客様には必ず言うのですが、

今後毎月、1万円修繕のための積立をして下さいと!。その半分でも15年で100万円近く貯まります。

大規模修繕ができないと、建物はすぐにいたんできます。とくに、十数年経ったころ急激に…です!


今回の中古住宅リフォームも同じなのです。

あと何年もたすのか?いつどれくらいの修繕費用がかかるのか?

いままでは、中古なので…しょうがないとあきらめず、納得のいく住まい方をしたいですね。


今回のインスペクションは、建築士法で定められた建築士が、行うことが条件となっています。設計事務所の業として行うのが適切なのでしょう。



プロスパーデザインでは、

インスペクション部門を立ち上げ、

5年程経ちました。数々のお客様にアドバイスをしてきました。


image-20140211092904.png


なかには、まだまだ通常のレベルに達しない施工や設計が見受けられます。


今回の長期優良住宅化リフォーム推進事業。

もっとシンプルに誰でも分かり易い制度にできれば、と願っています。



最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

2012年10月10日

中古建物〜調査診断

こんにちわ!

ホームインスペクションという言葉が

やっと広まってきましたw

不動産会社さんの営業マンに聞いても、

ひと昔前なら、、


?????返事もなし、


今は…、


ああ〜、言葉だけは、聞いたことありますが…。


というところまで、認知されてきていることを

実感しています。



しかし、まだまだ、インスペクションの

必要性ですが、業者間では消極的です。



image-20121010100344.png


何千万円の買い物なのに、数万円で中古住宅

の診断ができるのです。 3000万円の家なら、

その0.2%ほどのサービス料金でインスペクションができ、安心ですよね。

比較するのも見当違いと思われる人もいらっしゃいますが、

ホームインスペクションは、0.2% 約6万円

土地建物の仲介は、5%+6万円 約156万円

その他、売買に関わる、税金や登記費用などの

諸費用を考えると??

インスペクションは、本当に少額であるのかがわかりますね。




将来、自分の家のホームドクターは、

決めておいたほうがいいです。


家の寿命は、新築から50年もつとすると、

維持管理コストは、購入時のなんと、

同じくらいがそれ以上!!

かかるとも言われています。




わたしは、いつもインスペクションのお客様には、


不具合が起こる前に、定期的に目視で充分ですので、

異常かな?と感じたらすぐに相談するよう

お願いしています。


人間と同じように、


早期発見〜早期治療!!です。


それにより、メンテナンスコストも大きく違ってきます。


土地建物、ホームインスペクションの相談は、
初回無料です。こちらからご覧ください。

http://www.architect.prosper-d.co.jp/

最後まで観ていただき!ありがとうございました。



下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村
posted by おおうちともゆき at 10:29| Comment(0) | インスペクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

中古住宅市場の活性化〜記事より

こんにちは〜。

いつも見ていただきありがとうございます。

ずぅっと中古住宅流通市場の整備が急務であるとみなさんが思っておる今日この頃です。。。

なぜ住宅市場の中古に占める割合が日本は低いのか?まだ新築住宅が建ちすぎるの???と。。

日本は、中古住宅割合約14%に比べ、アメリカではなんと90%が中古住宅の市場です!!


こんな記事が、
国土交通省は8日、中古住宅の購入希望者に物件の価格や間取り、面積などの基本情報だけでなく、耐震性能や修繕履歴を提供できるシステムの開発に乗り出す方針を決めた。中古住宅市場の規模拡大が狙い。

ご参考までに・・・・

まずは、中古市場の日本版エスクロー制度の整備。

インスペクション保険の義務化・そして助成金制度。

インスペクターの国を挙げての育成!!!! 必要ですね。


4.JPG

インスペクションの仕事は非常にハードなものですが、建築の世界で、社会貢献できる業務の一つです。

一般の方、住宅これから購入するときには、是非相談いただきたいと思います。


最後まで見ていただきありがとうございました。

ランキング参加中です。

下のボタン押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村
posted by おおうちともゆき at 17:50| Comment(0) | インスペクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。