プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2014年04月11日

公募予定〜長期優良住宅リフォーム化推進事業

こんばんわ^_^
大内です






長期優良住宅リフォーム化推進事業

の公募予定がまもなく発表されるようです。


平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の公募予定について、
情報提供いたします。本事業は、インスペクション、性能の向上のための
リフォーム等による住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し
、国が費用の一部を補助する制度であり、平成25年度補正予算より実施
しています。平成26年度は従来の公募内容に加えて、独自の提案や、
より高いレベルの長期優良住宅化に係る取組について下記の通り
公募する予定です。(国土交通省HPより引用)

26年度は、提案型の公募もありますので、アイデア勝負ということも考えられますね!!



長持ちさせてさらに

耐震化!!省エネ化!!バリアフリー化

今の時流にあっていますので

ぜひとも中古住宅流通活性化に!!!








最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
posted by おおうちともゆき at 17:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

3年が経とうとしています・・・。

晴れ晴れこんにちは晴れ晴れ

今日は、3月9日・・・・あと2日でちょうど3年・・・・

朝からさまざまなメディアで、東日本大震災〜3年 町の復興について

現状・課題・今後のありかたなど報じられていますね。





私の建築の学友も・・福島へ復興事業に現地でがんばっています。

お仕事を通じて、この大きな課題に、建築に携わるものとしてどう考えかかわっていくか?

万一の備えとして、どのように考えていくのか?


震災後、被災建築物応急危険度判定制度の講習を受けましたがこちらは事後のこと。。

建築を構想〜設計する前に、なにができるのか? 





3年が経ち、地域住民の合意形成のむずかしさが障壁となり進捗を遅らせています。メディアのコメンテーターが・・「今後起こるかもしれない備えとして、事前に合意形成ができて入れば・・」なんてことを言っていましたが><・・・・。利害関係のある中、難しいことではあるけれども「その意識」だけは私も持ち続け万一の場合に備えたいと思います。

復興庁のリーダーシップがまだまだ求められています。縦割り行政の問題・・・。


建築にかかわるものとして、意見をするのは簡単ですが、それをどのように反映していくか?


建築費の高騰・人材不足など2020東京オリンピックまで継続的に続きそうな様子ですが、

国の直接的な緊急的な政策がまだ見えてきていません。

具体的な中長期計画を!!!!


最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

2014年01月18日

設計料と消費税のふとした疑問

こんばんはぁ〜


今日はふとした疑問をお伝えします。


よくある話なんですが…。



設計料は、工事費の数%^ ^

消費税のUP率は、今回、3%

うっ??
こんなに苦労して!!

設計料って、消費税の値上がりとそんなに変わらないの?? 工事費の額にもよりますが…。





image-20140117235902.png

カラスも飛びますわな(≧∇≦)



最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

2014年01月09日

設計事務所の役割は、、、

こんばんわ^ ^

家を建てたい時にあなたは誰に頼みますか?

……ハウスさん?

……工務店さん?

……それとも?


image-20140108234339.png






いろいろな会社について声をかけてさらに住宅展示場で夢を広げ、ブランが出来ていきますね。



??、??でもそれって??何か違和感がありませんか?


……ハウスは、設計施工で、そこにお願いした時点でプランがあがり、標準品という仕様があがり、コストをもとに、住宅ローンまでもセットされている。???そうか!!

これは、建物が最初にあって、その器にパーツを当てはめているだけなんだ。と気づきます。
その時点で建設会社が決まっています。

そのくせ、住宅設計とか、フリープランとかあって自由度があるように錯覚する。それは間違い(≧∇≦)


私たち、建築士、設計事務所の本来の役割は、

建物の空間やデザインを創るのみならず、

一番最初のどんな工法でいくらかかるかを検討し、様々な工務店やゼネコンへ工事見積りの依頼をし、建築士が精査しあなたの夢の具現化のお手伝いをし、答えを導き出すことが非常に重要なと仕事の一つなんです。
また、設計と施工会社が同じではないので、
設計事務所は、施主がわにたった唯一の代理人なのです。

だから何事でも建築のプロフェッショナルとして、相談相手になりうるのです。


わたしもいろいろな相談事……をお客様からお受けしています。


最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。