プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2017年08月09日

ルームシェア?ハウスシェア?

こんにちは!
いろいろな複合的業態が入り乱れるレジデンス系

今日は、住まいをシェアすることについて考えていきたいと思います。


そもそもルームシェア、ハウスシェアという言葉は?

URさんのハウスシェアリングという以前からのシステムがあるのですが、おそらくここから言われ始めたものだと思います。


では、いま問題となっているシェアハウス、とは

どこが違うのか? ⁉️




その違いは、ザックリ言えば
シェアハウスは、部屋を借りて共用部を使う。


ハウスシェアリングは、みんなで家を丸ごと借りて、シェアする。


という違いです。ピンと来ませんが?!


マンションであろうと戸建であろうとハウスシェアリングは、世の中に存在するものです。



こんな矛盾どう思いますか⁉️?



そのうち、行政が解決の道を造ってくれるでしょう。期待します❗️



AFF2E470-D299-4BF0-9C2C-23E3FF2D8AEF.jpg
あっ!こちらは会社近くの雰囲気の良いプールカフェ








最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ



posted by おおうちともゆき at 09:32| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

注文住宅と建売住宅どちらが?

こんにちは🎵



今日は、住宅の購入方法のお話です


新築住宅購入方法は、注文住宅か建売住宅です。

今回はどんな業態に依頼するかは省略します。



info_02.gif




注文住宅は、


一般的にコストがかかる、

こだわりがある、

どうやって頼んだらいいか分からない、

できる家のイメージがつかない、


などと悩む前に、どのように進めたらいいのか分からないという方が正しいかもしれませんね。


まず土地探しから始めなければ行けませんね🎵




最近は、スーモカウンターとか、建築家の設計する家のマッチングサイト、

さらに住宅のコンぺをするマッチングサイトなど、様々な注文住宅を作りたい方への入り口があります。



どんなシステムかはさておき、 




家は小さな買い物ではありませんので、予算と相談しながら、

バランスがとれたランクで建てたいものです。

また、ここそれぞれの好みにより建物のデザインはもとより、耐震、省エネ、維持管理

などに関わる性能面はカスタマイズする必要があります。




DSCF5006.JPG





次に、建売住宅の場合です。




こちらは建築条件付きも同じように、ほとんど間取り仕様ができているものです。


この場合、土地とセットですので基本的になにもしなくても竣工すればすぐに住めます。

但し、壁紙やキッチンなどすべての仕様色が決まっています。好みが会うかどうかです。




完成している住宅なのでイメージがつきやすく判断しやすいですね。


但し、売主さんとの信頼関係が重要です。何せすべてセットになっているのですから。



最近では、第3者の施工チェックというものもありますので、心配な方は検討するのもいいと思います。



company_02.gif



家をひとつ造るには施主は、相当な労力と時間をかけなければなりません。

その場合に、相談が可能なのは、建築士設計事務所です。


なぜなら、設計事務所は、唯一の施主の相談役、代理人となって不動産会社や

工事する建設会社をコントロールできるからです。

説計施工や建築条件付きのように利害関係がないからです。




ふたつの購入方法ですか、おそらくいづれも上記のようなセカンドオピニオンをつけた方がいいかもです。

分からないことを、施主側の立ち位置で進めることができるからです。


基礎.jpg


最近、インスペクション(住宅検査 住宅調査診断)をやっていて

よく相談していただくことは、答えが多岐にわたる事案です。


とても電話だけではお応えできない。


しかし一般の方はなんでも、ネットとか簡単に解決しようとする。


建築というものは機械で無く人間が造る物ですから、そんなに簡単に答えられないし、

100人の建築士に聞いても多数決で判断できないこともあるのです。経験値によるところも多いのです。



pdロゴ.jpg




注文住宅は、高い?と思っている方。


これは、どうか❓と思います。



設計士に頼めば限界はありますが、予算にあわせて工夫をしてくれます。

建て売りよりは少し割高になるかもしれませんが、満足度は、相当なはずですね。




yukidaruma.gif




最後まで観ていただきありがとうございます。













最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

posted by おおうちともゆき at 22:15| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

中古建物調査のわけ

こんばんは

一般の方々から、ホームインスペクションのお仕事をいただくようになって、はや7年くらい経ったでしょうか

254C7304-897E-4DF5-8609-95FDF26A3778.jpg


なぜ一般の方が中古住宅のインスペクションを依頼するのか?

当然ですが、何千万もするものを購入するわけですから、しかも3000万円の家を35年ローンでは、金利1%としても、3600万円くらいのお買い物となりますね。


そんな家だからこそ、中古は安いが変なものは買わされたくない。個人間売買では、瑕疵担保免責という場合がほとんどですので。


そんな中で、買主さんからお願いされる
標準調査……。これがほとんどのインスペクション会社でのスタンダードです。

床下、小屋裏は、点検口から頭を入れて覗き込む範囲内だけです。
国交省のインスペクションガイドラインに準拠し、行っていますが、本当にこれでよいのでしょうか?


床下を覗き込む範囲のみでは、床下全体の25%も検査できていないとおもいます。


一番怖いのが、湿気や漏水による構造材の腐朽!耐震性に大きく影響するからです。


見えない箇所が、もし白蟻にやられていたら?せっかく標準的なインスペクションをしても、本末転倒かもしれません。

それを防ぐためにわたしはできるだけ時間を掛けて覗き込みますが、限界がありますね。


小屋裏などでは、雨漏りにより気がつきやすいのですが、
床下は、なかなか見えない部分なので気をつけてください。




プロスパーデザイン 調査診断部門では、さまざまな建築に関するご相談お悩みを承っております。
282B91F4-1A4B-4C85-BED4-E4852AB48E2B.png




最後まで観ていただきありがとうございます



プールハウスはこちらから



住宅のホームインスペクションはこちら

長期優良住宅リフォーム化推進事業


作品集〜銀座vijuはこちら









最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


posted by おおうちともゆき at 23:47| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

もうすぐ丸四年


こんばんは

 





おもてなしの花、家、というブログを

立ち上げてから、まる4年が経とうとしています。


これは、東日本大震災の追悼の意味を込め

毎週アレンジを載せてきました。


はなは、人々に安らぎを与えて幸せな気持ちにさせてくれます


F6838C6D-4BB2-4410-984C-E5972CF83B4A.jpg





私の専門、家も同じですね。






この先も、そんな意味を含めて続けていきたいと思います。


早く早く被災者の皆さんが日常の生活が送れるように



今後もできることを



最後まで観ていただきありがとうございます




長期優良住宅リフォーム化推進事業





最後まで観ていただき本当にありがとうございました下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
posted by おおうちともゆき at 22:59| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

私ができること…とは?

環境庁のウェブサイト
全国地球温暖化防止活動推進センター
に興味をそそられてどんどんはまっていき。
建物を考える私の職業は何ができるのか?
360BD01F-B395-446A-A5AB-0283A1801089.png

出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

住宅の夢を自分に託していただけるかたに


まだまだ奥が深い
地球温暖化防止活動

頑張ります





東京都中央区銀座2ー11ー4富善ビル9階
プロスパーデザイン一級建築士事務所
03ー6264ー1293

最後まで観ていただき本当にありがとうございました。

下のボタン押していただけるとうれしいです。


にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
posted by おおうちともゆき at 22:25| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。