プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2013年11月08日

その4〜デザインとプランニング

こんばんは!
今回も、デザインと建築士(設計プランニング)のお話です。


プロスパーデザイン一級建築士事務所では、

銀座viju ビジュという建築のショップを事務所に併設しています。



ショップは、お客様へのプレゼンテーションや打合せスペースとして公開しています。


image-20131108233051.png


デザインやプランニングなど、とことん納得の行くまでクライアントと打合せをする場です。

この場で私たちの一連の建築は、全てここで創られていきます。






デザイナーと設計屋??


最近そんなことをいう方が多くなったような気がします。


私の自論ですが、


そもそもデザインができない人は、意匠設計なんてできるわけもなく、そういう人は、建築は箱さえ作ればいいんだ…とおもっているようです。

あとは、施主の言うとおり箱の中身を継ぎ接ぎして完成させます。



最近では、箱ができた後に、その箱に合わせてハリボテのデザインをする…というなんともおかしな事がありふれていますね^ ^


コルビジェの名言?だったと思いますが、

間取り(内部)が、できた時点で、外観(外部)は、すでに決定している。


ようするに、住宅などの間取りができたときには、もう外観は勝負がついている。というとこなんですね。


だから、いまさらデザイナーさんが登場することは、ハリボテに過ぎず、どんな著名なデザイナーさんが入ってもこの建物の価値があるのかなぁと日々かんがえさせられます。



次回は、新しい一級建築士事務所のホームページのこと…です。




最後まで観ていただきありがとうございました
下のボタン押していただけるとうれしいです。<

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

2013年08月22日

住まい給付金

こんにちはぁ〜(^。^)


国土交通省の住まい給付金制度の説明会に参加しました



8月22日今現在、たられば…での説明でしたが


決定すれば、この通りに必ず運用するとのことでした。



なかなか一般の方には難しいかもしれませんが、住宅エコポイントに比べればシンプルな制度と思います。




そもそも消費税UPの負担を緩和する目的で、現行の住宅特別減税も手厚くなり、今回は相当な気の使いようだと思います。
平成9年時、消費税アップの反省?も踏まえて住宅産業基盤を保護する政策なんでしょう。
相当力が入っているという感想でした(^。^)


詳しくは、国土交通省HPに。

http://sumai-kyufu.jp/



フローからストックへの時代、より良い住宅ストックを増やしたい思惑と今回の税率アップ。

どんな結果となりますでしょうか?





観ていただきありがとうございました
下のボタン押していただけるとうれしいです。<

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ

2013年02月26日

可変性のお話〜住まいの楽しいところ

るんるんるんるんプロスパーデザインるんるんるんるん

新築マンションよりも少しお金をかけて

リノベーションして気に入った間取りで生活したい方へ〜

チェックポイントを私的にお伝えします



★★どの程度間取りが変更出来る?アイデアを!

★構造制限★

コンクリート部分は、共用部にあたる場合がほとんどですので

▲変更できません

ワイドスパンの場合、剛性を高めるために床スラブ(住戸)の

真ん中付近に小さい柱を入れるケースもありますが

その場合も柱は取れません

壁式鉄筋コンクリート構造は、部屋の間仕切が

躯体ですので同じく▲変更できません



★建築基準法★

間取り変更プランが

建築基準法に抵触しないかのチェックも必要ですね

壁紙は、防火壁装紙?難撚?などなどです

寝室は光(採光)とれていますか

換気は?大丈夫ですか?

ここまで突っ込むと個人とリフォーム会社の

コンプライアンス上の領域かもしれませんね



★消防法★

高層マンションの場合

玄関に消火器を設置しなければならないこともあります

というより、一家に一台

キッチン付近には消火器必要です

インターホンが自動火災報知器連動となっていますので

間取りに合わせて組み替え必要ですね



★共用部にある専用使用部分★

バルコニー天井に上階からの避難設備(避難ハッチ)が

ありますとその部分の床には絶対に物(テーブル椅子も)

置けません(>_<)

災害時上階から避難梯子を使い避難するさまたげになるからです



★水廻り★

キッチン・ユニットバス・洗面化粧台・トイレ・洗濯機防水パン!!

水周りの可変性は、排水管の位置によって判断できます

設計図が管理組合(管理会社)にありますので、設備図面を

かりて確認です。

★注意しなければならないのは、下階のお宅に配慮したいところです。

たとえば、トイレを移動した真下に主寝室がある!とかです。

その場合は、床に必ず遮音シート制振シートなどを下地に貼って

床を仕上げてください。

最近のタンクレストイレは特に 騒がしいですよ^^



★床の構造★も確認です

床の仕上げが、コンクリート直張りの場合は、水周りの変更を

する場合、その場所の床をふかして、あげなければできません><

購入時必ずチェックしてくださいね


すこしでも中古マンション購入のお役達ができれば!!と


空間デザイン・インスペクション〜
大内ともゆきまでお気軽にお問い合わせ下さい

pdロゴ.jpg

観ていただきありがとうございました
下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


posted by おおうちともゆき at 01:23| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

流れ止め〜大雪注意


image-20130114152708.png



東京に大雪〜お気をつけ下さいませ

東京のほとんどの勾配屋根には、

雪どめ(流れ止め)がありませんので

とくに、北方向の溶けにくい屋根は

雪の塊が!!!落下!!


日陰を歩く時には、足元と頭上にも


注意!!です。






下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ


2012年12月11日

家を建てるということ、、、とは?

あなたが、家を建てるという事〜とは?


家を建てる時、一級建築士設計事務所に注文住宅の設計を依頼するというと、難しい、頼みづらい、高くなる、どんな人か?、知り合いがいないので、どこに頼んだら良いか分からない……などなど不安がいっぱいですね。



自分の人生一回きりかもしれない夢を実現するため、家を建てる場合、あなたは、どこに頼みますか?



近くの工務店さん?
ハウスメーカーさん?



建てるのは、工務店、ハウスメーカーですよね。
あれぇっ?ちょっと変?


一番最初に、いきなり建物を建てる工務店やハウスメーカーさんに行きますか??




お分かりだと思いますが、よく考えてみると…、


最初お願いしたところで、工事をする前提ですよね。



まずは、設計があってその工事費をいろいろな工務店で見積もりし最終1社選定することをしないと?



すでに工務店にお願いしたその時点で利害関係が発生していることなんです。つまり、何社工務店にお願いしようが利害関係は、変わらないということなんです。




一般的には、2〜3社と利害関係のある会社と間取プランと工事金額を比較し決めることをお勧めします。




よく、お客様より…
お宅は、設計料が高い!とか、ハウスメーカーの設計料のほうが安いので…、とか言われます(>_<)

これは、設計施工といって設計と工事を同じ会社が請け負うので、設計料が安い分工事費に加算された可能性もあります。また、設計料は工事費に比べ数パーセントなので2500万円の戸建の設計料を10パーセントとしても5パーセントとしても、2500万円の工事に対して125万円しか変わらない。設計料が半額にサービス!と工事費5パーセントサービスと同じなのです。

ではその比較判断基準は?なんですか?

なぜ?設計事務所にお願いするのがよいのか、もうお分かりだと思います。工務店やハウスメーカーなどと違い、あなたの目線で客観的に建築の相談ができる唯一の専門家なのだからなのです。利害関係が発生しないからです。ですから私たちは、よりよい空間と品質を確保するために、工事の監理をします。


ちなみに、土地も同じで不動産会社は、土地を売る前提ですね。しかもこの土地にどんな建物が建つのか、建築的な目線では、見ることができません。




同じく、設計事務所なら、利害関係はなく、お客様の目線で客観的にアドバイスができます。





設計事務所というと、設計をして(間取りを考えて)建築許認可をするだけ?と思ってしまいがちですが、



一番大事なことは、私たちが家づくりの良きパートナーであることです。お互いに信頼し、ライフスタイルにあった空間を提案し対話を繰り返すことでさらに進化した住まいを創ることができると思っています。




住まう人に満足をしていただき…




訪れる人に喜んでいただき…




その家を通り過ぎる人に感動を与える…




私たちが目指す家づくりの最終目標なのです。







あなたは、家を作る時……

誰に頼みますか?







下のボタン押していただけるとうれしいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ
にほんブログ村

posted by おおうちともゆき at 23:56| Comment(0) | 【お家のお話♪〜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。