プロフィール
名前:おおうちともゆき
誕生日:1962.02.18
性別:オトコ
職業:建築士

2010年01月29日

【床鳴り〜選び方】中古マンション

るんるんプロスパーデザインるんるん


中古マンションによくある床鳴りについて
チェックポイントを
私的に
お伝えします


るんるん目次へ戻るるんるん



まずは

浴室!ユニットバス

洗い場の真ん中付近で

軽くジャンプ!

コツコツ床から音がしませんか?

原因は、ユニットバスを支えているボルトが緩むか外れたかでコンクリートスラブとボルトにすきまができてしまっているからです

入居後直すとなりますと

最悪、床や幅木、壁を壊すことも考えられますので
購入前に売り主さんに直してもらいましょう

また、壁と収納パネルとの取り合いが、シーリングの場合はシーリングがきちんとくっついているかどうか確認して下さい

ドアの下枠ギシギシ

ドアはずぅ〜と動いている部分
ドアの開け閉めしたときに戸当たりに当たり枠に大きな力がかかります

下枠の固定は施工時、神経を使う部位ですが経年劣化には勝てないかもf^_^;

最後に1番頻繁におこる

木製フローリング★の床なり!見分け方です

体重の大きい方♪(笑)ほどよいのですが(^O^)

かかと★で踏み込みながら歩いて下さいどんどんではいけません
ずしっズシッとです

壁の回り(壁際)を歩いて下さい★最後にテキトーに(笑)うろうろしてかかとに体重をのせて歩いて下さい


★ミシミシ★

★ギシギシ★

★キュッキュッ★


床鳴り(音鳴りともいいます)!

畳のある和室も床なりする

場合がありますので

十分注意して忘れないでください

ホームインスペクション
ただいま期間限定
冬のキャンペーン中
〜内覧会、中古住宅マンション診断〜(先着順!限定)


すこしでも中古マンション購入のお役達ができれば!!と


ホームインスペクター
大内ともゆきまで

ホームインスペクション
ただいま期間限定
冬のキャンペーン中
〜内覧会、中古住宅マンション診断 開催中〜(先着順!限定)


pdロゴ.jpg

ランキング参加中です^^

ご協力おねがいいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村



posted by おおうちともゆき at 23:38| Comment(0) | 【中古マンションの選び方】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【気になる修繕履歴〜選び方】中古マンション

るんるん★♪プロスパーデザイン♪★るんるん

今回から
専有部の修繕について
私的に
お伝えします

ランキング参加中です^^

ご協力おねがいいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村


ホームインスペクション
ただいま期間限定
冬のキャンペーン中
〜内覧会、中古住宅マンション診断〜(先着順!限定)


るんるん目次へ戻るるんるん


新聞のチラシなどによく

中古マンションの修繕履歴が書いてありますね

★○○年リフォーム済み★

★給湯器、ガスコンロ取替
★ビニルクロス全面張替!とか


これは、内覧時に中古〜という
汚い印象を与えない、設備が
まだ新しいよ〜とか
割安感とか
購入意欲を
上げるために行います


が〜〜〜〜

リフォーム取替費用がちゃんと

販売価格にONされているのです

じつはお買い得でもなにもないと思うのです(*_*)

(もちろん業者さんと一般のお客様とはかなり単価が違いますが)


壁紙なら自分の気に入った柄を貼った方がいいですよね

設備は壊れたら少し不便ですが
危険でない限り壊れない限りお付き合い♪♪

出来たら、

★エコ★

★健康に配慮★した

★お年寄りにも優しい★

★もちろんデザインセンス★よく!

を第一にリフォームしたいですね

そのリフォーム代を考えて購入したいですね


私たちプロスパーデザイン一級建築士事務所ホームインスペクターは

建物劣化状態の初期診断!
や修繕のアドバイスだけではなく

★オプション相談★

リフォームやリノベーションデザインや空間コンサルタントもやっています。

すこしでも中古マンション購入のお役達ができれば!!と


ホームインスペクター
大内ともゆきまで


★住宅版エコポイント★

を利用して

断熱向上!!!

安全

安心

快適に

暮らしましょう♪♪
ラベル:修繕履歴
posted by おおうちともゆき at 00:18| Comment(0) | 【中古マンションの選び方】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

【断熱性の選び方3】中古マンション

るんるんプロスパーデザインるんるん

前回に続きまして
エコな断熱性能の見方を
経験に基づいて私的に
お伝えしています

ランキング参加中です^^

ご協力おねがいいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村


★戸境壁の遮音と断熱★

との関係

ホームインスペクション
ただいま期間限定
冬のキャンペーン中
〜内覧会、中古住宅マンション診断〜(先着順!限定)


ホームインスペクター
大内ともゆきまで

るんるん目次へ戻るるんるん


★断熱性能の選び方★

中古マンション断熱性の重要ポイント!!!

★築年数と断熱材の厚さ
★厚み!の確認は?★
結論!
おおよその築年数で判断
(コンセントを外せば可能です)

★こわ〜い内断熱工法の内部結露の見分け方は?

北側の外壁に面するお部屋の壁を触ってみて下さい。クロスのしみ、補修跡でした


今日の本題!

戸境壁は、遮音性能を配慮し
コンクリートに直に壁紙を貼るケースが多いのですが、
外壁付近は特に注意が必要です


そう!結露です

特に注意 北側に窓があるお部屋です

外壁から50cm以上断熱補強といわれる対策が
施されていれば安心です

ようは、断熱材があるかないか確認すればいいのです

★パンフレットを見て
★★★現地でコンコンと手でたたいて断熱補強があるかどうか確認して下さい


最近のマンションは

★柱が外に張り出している

★★アウトフレーム★★

が多いのでなおさら断熱補強がないと結露しやすくなります

個人的には、東京都心近郊では

南側方向のお部屋で日照がある場合は結露しにくいので

生活上安心ですただお部屋の断熱性能は低下しますが(>_<)


なくてはならない

★断熱材料★

中古マンションの見えない

落とし穴なのです


まだまだ断熱については

注意しなければならないこと
いっぱいあります


直貼り天井とアウトフレーム★

★サッシとガラス★

★1階と最上階の住戸★


次回お伝えいたすます


★住宅版エコポイント★

を利用して

断熱向上!!!

安全

安心

快適に

暮らしましょう♪♪
posted by おおうちともゆき at 12:28| Comment(0) | 【中古マンションの選び方】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

【断熱性の選び方2】中古マンション

るんるんプロスパーデザインるんるん

前回に続きまして
エコな断熱性能の見方を
経験に基づいて私的に
お伝えしています

ランキング参加中です^^

ご協力おねがいいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村



こわ〜い内断熱工法の内部結露

ホームインスペクション
ただいま期間限定
冬のキャンペーン中
〜内覧会、中古住宅マンション診断〜(先着順!限定)


大内ともゆきまで

るんるん目次へ戻るるんるん


★断熱性能の選び方★

中古マンション断熱性の重要ポイント!!!

★築年数と断熱材の厚さ
★厚み!の確認は?★

結論!
おおよその築年数で判断でした
中古マンションの内覧時点検口から見える可能性ありましたね 
現在のマンションは通常厚さ25mmが標準でしたね^^


★こわ〜い内断熱工法の内部結露

外壁に面する内部壁の構造は
コンクリート〜断熱材吹き付け
〜空気層〜石膏ボード〜仕上げ材
となっいます

内部結露とは
吹き付け断熱材の経年劣化や不良工事により
空気層に湿気が溜まり
結露を起こすことをいいます

なにを言いたいかと?

内部はもちろん

カビ〜〜〜〜だらけ!

いくら壁紙を張り替えしても(*_*)

シックハウス症候郡!なんていう場合じゃないかも?ですね

★★内部結露の見分け方★★

中古マンションの内見時には
特に北側の外壁に面するお部屋の
★壁★を触ってみて下さい
また、クロスのめくれが直していないか??
クロスに★シミ★はないか?

ホームインスペクターなら
湿度の測量機械で北側と南側のボード含水率など
計測することができます

あとは、目視や触手により初期診断を行います

発泡ウレタンは
吹き付け材料ですので
コンクリートに密着しますが
結露により
剥離を起こしコンクリートクラック(ひび割れ)からの水を呼び込んでしまう可能性もあります



なくてはならない

★断熱材料★

中古マンションの見えない
落とし穴なのです


まだまだ断熱については
以下のように
注意しなければならないこと
いっぱいあります


★戸境壁の遮音と断熱★

★直貼り天井とアウトフレーム★

★サッシとガラス★

★1階と最上階の住戸★


次回お伝えいたすます


★住宅版エコポイント★

を利用して

断熱向上!!!

安全

安心

快適に

暮らしましょう♪♪
posted by おおうちともゆき at 22:46| Comment(0) | 【中古マンションの選び方】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

【断熱性の選び方1】中古マンション

るんるんるんるんプロスパーデザインるんるんるんるん

エコな断熱性能の見方を
経験に基づいて私的に
お伝えします

ランキング参加中です^^

ご協力おねがいいたします。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
にほんブログ村

ただいまキャンペーン中
ホームインスペクション〜内覧会、中古住宅マンション診断〜(先着順!限定)

ホームインスペクター
大内ともゆきまで

るんるん目次へ戻るるんるん


★断熱性能の選び方★

関東の断熱工法はほとんどがコンクリート壁の内部側に断熱材料を施す内断熱工法です

寒冷地なら外断熱工法が
有効ですが、建設コストが割増になります

まずは!
もし中古マンションの価格や他の条件が同等であれば
管理費と修繕積立金も比較し、
外断熱工法のマンションをお勧めします



いままでの経験から

中古マンション断熱性の重要ポイント!!!

内断熱工法(ほとんどの場合、現場吹付発泡ウレタンを採用しています)の場合のポイントです


★築年数と断熱材の厚さ

【エコ】というキーワードによって
省エネルギー性能基準が高くなってきましたね
分譲マンションの場合
20年くらい前は、発泡ウレタン厚さ15〜20mmあれば十分と判断していました

が〜〜

現在は、

★25mm〜30mm★

実際に現場では厚さは均一に施工することが困難ですので私が監理する場合
必ず25mm以上!というと30mm弱になります
サッシ取付の直後に吹き付ける最初の工事ですねで
検査にパスしないと
また吹き直し〜〜となり
次の工事ができず大変なのです

25mmは公庫仕様(現在は住宅支援機構)以上の性能です
(東京近郊地域)

★厚み!の確認は?★

中古マンションの場合
断熱材料厚さの確認は
外壁側に点検口がありましたら空けてみて下さい
が!
ほとんどの場合厚さは隠蔽されていますので
確認できません(>_<)


結論!
おおよその築年数で判断
ですね

まだまだ断熱については
以下のように
注意しなければならないこと
いっぱいあります

★こわ〜い内断熱工法の内部結露

★戸境壁の遮音と断熱★

★直貼り天井とアウトフレーム★

★サッシとガラス★

★1階と最上階の住戸★


次回お伝えいたすます


★住宅版エコポイント★

を利用して

断熱向上!!!

安全

安心

快適に

暮らしましょう♪♪
posted by おおうちともゆき at 22:21| Comment(0) | 【中古マンションの選び方】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。